無料カウンセリング予約
無料メール相談

絶対の自信「アフターケア永久保証制度

麻酔について「完全無痛」

北村クリニックの「豊胸手術の特長」

激安?高額?「適正な費用」

豊胸の基礎知識
bottom
当院の豊胸・バストの手術
bottom
よくある質問
bottom
動画でご紹介
北村クリニックの受付から

北村クリニックの受付から手術終了までの一連の流れを動画にてご覧いただけます。

北村クリニックのご紹介

CM

ハイクオリティな「美」をお届けする北村クリニックのイメージCM

北村クリニックのCM

bottom

メディア出版物の紹介

携帯専用サイト

qrQRコードを読み取って頂くと簡単にアクセスできます。

豊胸TOP ≫ 麻酔について

麻酔について

コンピューター制御の局所麻酔で痛みの不安を解消

誰にとっても、手術に伴う痛みは心配なものです。デリケートなバストに手を入れる豊胸術となれば、なおさらでしょう。ことにプロテーゼ法の場合には、胸から腕にかけて強い痛みが術後しばらくは残ります。また術後のマッサージも人によってかなりの痛みを伴うハードなもので、そうした痛みの不安から決心がつかないという方も多いようです。

さて、誰もが気にする手術の痛み。もちろん術前に麻酔をかけますので、手術中の痛みは心配ありません。ただ、どのような麻酔を使うかはクリニックによって違います。
豊胸術では全身麻酔や硬膜外麻酔が使われることがありますが、これらは入院が必要だったり麻酔に起因するトラブルのリスクが高かったりと、美容整形に適した麻酔とはいえない面があります。そこで日本麻酔科学会会員である北村クリニックでは、独自の工夫を加えた「4段階無痛麻酔システム」を使用しています。その根幹となっているのが、アメリカで開発された細心の麻酔法である「カリフォルニア式局所麻酔」です。
この麻酔は薬液のpH値や浸透圧を人間の体液と同等に調整してあるため、体に無理なく浸透し、高い麻酔効果を発揮します。そして患者様の状態によって、必要に応じて注入スピードをコンピューターでコントロールし、肉体的な負荷をさらに軽減するようにしています。
また必要な脂肪を吸引採取するときには、麻酔液に脂肪乳化剤を配合し、脂肪細胞を柔らかくして滑らかな吸引を行えるようにしました。さらに薬剤そのものを特定の温度に設定することで、採取した脂肪を変質させることなく、新鮮な状態を維持できるように工夫してあります。
もちろん「麻酔のための麻酔」も併用します。これは麻酔注射の痛みを和らげるためのもの。手術の内容や部位によって、貼り薬タイプや目薬タイプなどいくつかの種類がありますが、当院で活躍するのは「極低温ガス麻酔」です。これは非常に低温のガスを肌に吹き付け、肌の感覚をマヒさせておいて、その間に麻酔注射を打つ、というものです。麻酔効果は短時間した続きませんが、注射を施すには充分ですし、体への負荷も軽く済みます。もちろん凍傷の心配はありません。
もうひとつ、リラックスして手術を受けていただけるよう、点滴からの「リラックス麻酔」も活用します。これは通常の点滴麻酔とは違い、高い鎮静・鎮痛効果を持つ薬剤を配合していますので、なかば眠るようにゆったりとした感覚で治療を受けていただくことができます。

痛みというのは数字で表すことができず、そのニュアンスを正確に伝えることが難しいもの。ですが当院では患者様の肉体的・精神的な負荷をできる限り軽くし、安心して治療を受けていただけるよう配慮しています。どうかご安心ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加  
  •   
  •