無料カウンセリング予約
無料メール相談

絶対の自信「アフターケア永久保証制度

麻酔について「完全無痛」

北村クリニックの「豊胸手術の特長」

激安?高額?「適正な費用」

豊胸の基礎知識
bottom
当院の豊胸・バストの手術
bottom
よくある質問
bottom
動画でご紹介
北村クリニックの受付から

北村クリニックの受付から手術終了までの一連の流れを動画にてご覧いただけます。

北村クリニックのご紹介

CM

ハイクオリティな「美」をお届けする北村クリニックのイメージCM

北村クリニックのCM

bottom

メディア出版物の紹介

携帯専用サイト

qrQRコードを読み取って頂くと簡単にアクセスできます。

豊胸TOPよくある質問 ≫ 痛み・麻酔・後遺症の問題

痛み・麻酔・後遺症の問題

どんな麻酔を使うの?

美容整形を含む外科治療では、治療部位や手術の内容にあわせて、数種類の麻酔を使い分けます。細かな分類は多岐にわたるのですが、美容整形手術で使われる主な麻酔法は以下の通りです

@全身麻酔
口や鼻から管を差し込み、麻酔を施します。麻酔中は意識がなくなり、体の機能の多くが停止したり弱まったりしますので、呼吸をはじめとする全身管理が必要です。
A硬膜外麻酔
背骨のすき間から麻酔薬を注入します。打つ場所によって麻酔をかける範囲を選択することができますが、全身麻酔と違って意識はあります。
B静脈麻酔 
点滴によって静脈から薬液を入れる方法です。鎮痛・鎮静効果があり、半ば眠るようなリラックスした状態になります。
C局所麻酔 
手術する部位だけに麻酔をかけます。もちろん意識ははっきりしています。

これらの麻酔は手術の内容にあわせて、単独使用することもあれば複数の手法を組み合わせて使うこともあります。ですがどの麻酔をベースにするかは、クリニックの考え方によっても違います。ただし@やAは手術中の全身管理や術後の経過観察が必要で、最低一泊の入院が必要であること、また麻酔に起因するリスクが他の方法に比べて高いことなどから、私自身は「美容整形向きの麻酔ではない」と考えています。
そのため北村クリニックではCの局所麻酔をベースにした麻酔法を使用し、体に負担をかけず高い麻酔効果を得られるよう工夫しています。
痛みを気にする患者様は「眠っている間に手術が終わったほうが気が楽」と、全身麻酔を希望されがちです。しかし全身麻酔中は「眠っている」状態ではなく、体の機能がほぼ停止している状態です。そのため体への負荷が大きく、リスクも高いということは覚えておいてください。

術後の痛みはどの程度残るの?

まずプロテーゼ法からお話しします。現在、多くのクリニックでは大胸筋の下側にプロテーゼを挿入する「大胸筋下法」が行われていますが、これは術後に強い痛みが一週間ほど続きます。おそらくは腕の上げ下ろしもできないと思いますので、その間は日々の生活やお仕事に支障が出るでしょう。バストの下を切開して大胸筋の上にプロテーゼを挿入する「大胸筋上法」では、そこまでの強い痛みはないとされています。
脂肪吸入法の場合は切開することがありませんので痛みも軽く、翌日からお仕事に出る方も少なくありません。

傷や手術跡は残るの?

まずプロテーゼ法の場合、その方法によってどこを切開するかが変わります。大胸筋下法ではワキを数センチ切開しますし、大胸筋上法であればバストの下側を切開します。どちらも目立たない場所ではありますが、長さ4〜5センチの切開痕が残ります。他にも、乳輪の周囲に沿って切開するというやり方もありますが、傷跡が目立ちやすい場所であることから、この方法はあまり採られていないと思います。
脂肪注入法ですと吸引・注入ともに切開をせず、直径3ミリほどの穴を開けるだけですので、さらに目立たなくなります。
いずれにしろ皮膚に手を加える以上、その痕跡がまったく残らないということはありません。ですがこれらの痕跡は時間とともに薄れていきます。傷跡は痛みとともに多くの女性が気にするものですので、医師に事前に確認しておくようにしてください。

脂肪注入法ではどんな合併症が起こりますか?

脂肪注入法は異物を使わず、極めて高い安全性が特徴です。ですがあるゆる外科手術に共通するリスクは、やはり想定されます。

@感染症・炎症
これはすべての外科治療に共通するリスクです。脂肪注入法では、大量の注入を行うと発生しやすい傾向があるといわれます。

A脂肪の硬化
きわめてまれなことですが、注入した脂肪がしこりのように硬くなってしまう可能性があります。

いずれも可能性としては低く、また手術の方法や処置によって充分に避けることができるものですが、可能性としてはゼロではありません。

プロテーゼ法ではどんな合併症が起こりますか?

こちらもプロテーゼ法と同様に、外科手術に共通する合併症の可能性があります。またプロテーゼ法特有のものとして、いくつかの合併症が起こる危険があります。

@感染症・炎症
外科治療では必ず想定されるものですが、異物を使うプロテーゼ法では、そのリスクは高まると考えられます。
Aカプセル拘縮
埋め込んだプロテーゼの周囲が膜でぴっちりと覆われてしまい、バストが硬くなってしまう現象です。
Bプロテーゼの劣化、損傷
プロテーゼには寿命があり、それを過ぎると経年変化による劣化が心配されます。また合併症とは異なりますが、事故などによる損傷の危険があります。
C血腫
挿入部位が出血し、そこに血の塊ができてしまうことがあります。
  
これらの自体が発生したときは、挿入したプロテーゼを抜去しなくてはならないこともあります。手術を受ける前に、そうしたケースについても医師と充分に相談するようにしましょう。

乳ガンになる心配はないの?

豊胸術と乳ガンの関連については、今も多くの女性が心配されるようです。確かにプロテーゼ法の場合、ガンとの因果関係を問題提起する声もありましたが、その後の調査によって、関係がないことが判っています。
また脂肪注入法の場合、もともとが自分自身の組織である脂肪を使いますので、発ガン性とは無縁です。

体に吸収された脂肪はどこへ行ってしまうの?

脂肪注入法では、注入した脂肪のうちいくらかは、生着せずに体内に吸収されてしまいます。そのため「吸収された脂肪が別の場所に付くのでは?」と心配される女性が多くおられます。ですが実際にはそのようなことはありません。
体内では生きていくために、日々多くの作業が行われています。体にとっての不要物や老廃物、有害物質などを処理するのもそうした働きの一つです。吸収された脂肪はこれらの物質と同様、体にとっての「不要品」とみなされ、肝臓に送られて処理されたうえ、体外に排出されます。
「バストから吸収された脂肪がお腹についた」というようなことはありませんので、ご安心ください。

バストが大きくなって、肉割れにならない?

短期間での肥満や妊娠などによって、皮膚が急激に引き延ばされると皮下の組織が傷つき、肉割れが起こります。手術によってバストを大きくする豊胸術でも、「肉割れすることはないですか?」と気にされる方はおられます。 ですがプロテーゼ法でも脂肪注入法でも、豊胸術によって肉割れを起こした例は聞いたことがありませんし、私自身の経験でもそうしたことは皆無です。この点はご心配なさる必要はないと考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加  
  •   
  •